歯科で出来る矯正歯科|口腔強力サポーター

先生

自分に合ったもの

病院

どのような矯正装置を使うかは、患者の口腔内で違ってきます。また、ライフスタイル別で違ってくるため、横浜の矯正歯科では、時間をかけカウンセリングを行なっていきます。この時間は、患者が自分の意見や要望を伝える場なので、胸の中に押し込めず、きちんと歯医者と共に話をしていきましょう。その質問に対し、横浜の矯正歯科医が装置の話や期間、値段、進め方について説明をするので、理解出来ないまま続行することは一切ありません。

一般的な矯正装置は、横浜の矯正歯科でも非常に多いタイプになります。それが表面に付けるブラケットですが、メリットは、歯の動くスピードが早いことです。ただ表面に装着するので物が詰まると、カスが丸見えになるという最大の欠点がおまけでついてきます。思春期だと、この辺に恥ずかしさを覚え、おしゃべりや笑顔が減ってしまう可能性があります。そのような事態を避けたい場合は下側矯正が良いでしょう。装置が見えず、食べかすも引っかかりづらくなるため、食事の後のケアが非常にしやすいと学生を始め、横浜の社会人から高評価です。また、裏側は、表面に比べ虫歯菌に冒される心配が少なくありますから、ケアが少々怠っていても問題はないとしています。しかし、ケア不足が後に深刻な歯の疾患を呼ぶため、横浜の矯正歯科では入念なケアを呼びかけている次第です。他にも取り外しが出来る矯正歯科器具もありますので、治療負担を少しでも抑えたい方は、横浜の矯正歯科へ相談をし、装置を決めていきましょう。